らんらん♪ランニング
ひよこランナーのランニングブログ
runrun50.exblog.jp
Top
整形クリニック受診
2009年 06月 23日 *
湿布が切れそうなので、整形のクリニックを受診してきた。

最初に受診したきり、3週間以上行ってないので、もうそろそろランニング開始のお墨付きをもらえるかな、と思って行ってみたのだ。

捻挫した時に受診した時のドクターは、ツンツンしたプライドのたっかそうな女だった。骨に異常がないとわかった途端、興味を失くしたのありあり。

パンパンに腫れあがった足を見ても、「腫張と捻挫の重症度は比例しない」との見解を、意地悪そうな口調でいうだけで、シンパシーを微塵も見せない。

湿布を貼るでもなく、包帯を巻くでもなく、ちょちょいのちょいと患部を触ったきりで、診察終了。説明なんてぜんぜん足りない。

湿布だって、「湿布出しますか?」と聞く。あったりまえだろ。こんなに腫れて痛いのに。もちろん痛み止めもなし。

「大した捻挫でもないのに受診しないでよ」みたいなトゲトゲした感じだった。

忙しくて疲れているから、というわけでもなさそう。だって、患者ほとんどいなかったもんね。まあ、このお人柄では、人気はないだろうな。

「痛かったでしょうね」と営業トークでもなんでもいい、一言でも症状にシンパシーを示せば、患者なんてイチコロなのに。

突き放してどうする? この人、元々の資質としてコミュニケーション能力が足りないのだろう。医者としては致命的だ。

こんなヤツには、もう2度とかからない。これが、賢い患者の病院のかかり方。

なので、今日は院長の診察日に行った。院長も初対面だったけど、物腰やわらかな年配の先生だった。

前医よりよっぽど詳しく丁寧に説明してくれた。よかった~^^。「後医は良医」とはいったもんだ。

どうも、イジワル女の診断より重症だったようだ。あのやろー!

a0122637_20132369.jpg
で、こんなベルトを出してくれた。足首を固定するものです。とてもガッチリしていて、付け心地はいい。けど、いかんせん色が…。デザインセンスゼロな色。これじゃまるで地下足袋じゃん><。

医師は、「外へ行く時、付けてください」といったけど、正直こんなもん付けて、外、歩けないすよ。

この足で、クロプトパンツや7分丈のスパッツを履く勇気は、とてもありまっせん。包帯なら、周囲の同情を引けるのに、これじゃ笑いものだ~><。 家の中で使うことにしよう。

で、一番肝心のランニング復帰ですが、「痛いうちは、お勧めできないですね」とやんわり否定。結局、OKのサインは出ずじまい。来週くらいかなあ。

フルマラソンの制限時間7時間、しかも女性向き平坦コースなんていう魅力的なレースのお知らせも飛び込んできたのに。それどころじゃありません。

休んでいるうちに暑くなってきちゃった。あ~、この1ヶ月のブランクは大きい。ブログもいつ本格再開できるんでしょうか…( -。-) 。
[PR]
by ゆららん by runrun50 | 2009-06-23 20:28 | 捻挫 *
<< ランニンググッズ③-日焼け対策 ページトップ ランニンググッズ②―ウォッチ >>
The Original Skin by Sun&Moon